検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました

株式会社明神館(第6回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスの高付加価値化

「本物」「本質」の追求と時代の先取りにより、洗練されたサービスを提供

URL http://www.tobira-group.com/myojinkan/ 
業種 観光・宿泊・リゾート
所在地 長野
事業概要 老舗旅館「明神館」の経営
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 地域サービス型

提供サービス

顧客に満足してもらえる質の高いサービスの提供を目指して「本物」「本質」を追求。ゆったりとくつろげる空間づくり、JAS有機認定自家農場の野菜などを使った料理、いち早くエコロジー活動にも注力。日本の文化や伝統を海外に発信することで海外客の誘致も図っている。

ハイ・サービスのポイント

時代を確実にキャッチアップし、変化する顧客のニーズに先回りをして常に新しい価値を提供するために、徹底した顧客志向での空間と料理の価値を追求。独自のオーガニックフレンチを導入するなど新しい提案を継続することにより、質の高さを認定された世界各国のホテル・旅館やレストランでつくる協会(本部:フランス)の「ルレ・エ・シャトー」から加盟を承認されている。



  • 顧客のニーズに応えることを使命として、家具やその配置、料理の器、もてなしの方法やその空間など、その時々に必要だと感じたものを提供している。保守的な顧客が去っていくこともあるが、来るたびに変わる明神館の変化や進化を楽しみにしているリピーターが多い。顧客にリピーターとして定着してもらうためには、新しい提案の継続によって陳腐化を避けることと、個別の顧客に対する柔軟なもてなしが重要だとしている。

  • 30年間に5度のリニューアルを行っているが、一気に多額の投資をせず、1回の投資額を抑えてリスクを分散している。リピーター向け専用のクラブラウンジに最近では庭を加え、また以前置いていたアジアンテイストの家具をイギリスのものに切り替えるなど、施設の増改築を新しい価値や提案の一部として、次々に手を加え、常にトレンドの先取りを心がけている。

  • 料理は旅館の生命線であるとして、常に「本物」を見つけアレンジ。自家菜園で栽培した有機JAS認定の有機野菜や地元の新鮮な食材を使用した日本初のKIJ(Kushi Institute of Japan)認定レストランでの本格的マクロビオティック(長寿法)料理の提供など、通常の温泉旅館的な料理に終わらない様々な試みを行っている。

  • 求められるサービスが高度化していくに従ってそれぞれのプロが必要となったため、アルバイト従業員の採用をやめ、全て社員で対応。社員教育も重要視し、ザ・リッツ・カールトンなどに社員を連れて行きサービスを体験させたり、社員同士のノウハウの共有も行っている。

  • 少子化や若者層の旅離れ、車離れなどに対する危機感の中でインバウンド(海外の観光客)への取り組みが必須であるとし、「ルレ・エ・シャトー」加盟にマーケティングの一部として取り組み、2009年承認を取得。

  • 時代のニーズとマーケティングへの影響を考え、エコへの取り組みは必須として、いち早くコージェネレーション発電やオーガニック栽培などを行い、2009年5月には国際エコラベル「グリーンキー」認証を取得(日本での第1号)。

  • 不況などの影響にもかかわらず、09年3月決算でも通年で8割以上の稼働率をキープ。利用客は3回以上のリピーターが多い。

一覧に戻る
老舗旅館「明神館」
ゆったりくつろげる空間づくり
食材にもこだわり上質な料理を提供
本格的なスパでのトリートメント