検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました

株式会社インフォマート(第3回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスの高付加価値化

食品の売り手と買い手をマッチング

URL http://www.infomart.co.jp/ 
業種 情報通信・ITサービス
所在地 東京
事業概要 フード業界企業間電子商取引プラットホーム、「フーズインフォマート( FOODS Info Mart )」の運営
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 コーディネート型
取引特性 BtoB型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

 フード業界の企業間電子商取引プラットフォーム「フーズインフォマート」を運営。地方の生産者・卸売業などの「売りたい」と外食チェーンや百貨店などの「買いたい」を、インターネット上でマッチングする「ASP商談システム」などを展開している。

ハイ・サービスのポイント

 同社の強みは、単に業界最大のeマーケットプレイスを運営しているのではなく、製造・配送・販売の各事業者向けの付帯サービスをASP(業務用のアプリケーションソフトをインターネットを通じて顧客にレンタルするサービス)で提供することによって、業界全体の取引を活性化して、自社のサービスの利用価値をさらに高めている点にある。



  • 「ASP商談システム」運営 外食、ホテル・旅館、給食・中食、スーパー・小売、卸売業といった食材を仕入れる買い手と、食品製造、生産者、商社、卸売業などの売り手の双方が参加する「ASP商談システム」を通じて、必要とする取引相手を探し出して商取引ができる仕組み。このシステムを利用することで、売り手側には買い手側から問い合わせやサンプル依頼が入る。実際に取引に結び付き、年間の売上高が10億円も伸びた地方の肉屋など、中小業者のビジネスチャンスが拡大している。

  • 「食材甲子園」運営 県産品・地域食材を取り扱うインターネット上の企業間市場で、マイクロソフトが運営する中堅・中小規模事業所向けビジネスポータルサイト「経革広場」とコンテンツ連携をしながら、地域の食材を販売・仕入できる仕組み。2006年1月より、同社が各都道府県の地方自治体や地方銀行、公共団体と連携し、地域食材の販路拡大・地域活性化への支援として開始。現在までに34道府県が参加している。

一覧に戻る
「食材甲子園」トップ画面
「フーズインフォマート(FOODS INFO MART)」マイページ画面