開催レポート

2013年3月26日

<2013.2.1開催>第2回グローバル・サービス・フォーラム

第2回目のグローバル・サービス・フォーラムが、2月1日に開催されました。


 

はじめに、白石重明・経済産業省・商務情報政策局・サービス政策課長より、『「サービス」を軸とするGNI成長とサービス業の海外展開』の報告がありました。「人口オーナス」問題(高齢人口が急増、生産年齢人口が減少、少子化で生産年齢人口の補充はできず、財政、経済成長の重荷となる状態)に直面する日本を、経済面から支えるためには、GNI成長(GDP成長+所得収支拡大)が必要。GDP成長にキーとなるのは生産性であり、サービス分野は経済に占めるウエイトの大きさからも大きな可能性があり、対外投資を活性化させることが重要との指摘でした。
 

白石重明氏(経済産業省)
 
 

次に、北川浩伸・日本貿易振興機構(ジェトロ)・生活文化・サービス産業部・サービス産業課・課長より、『ジェトロにおけるサービス産業支援について』の報告がありました。ジェトロの支援ツールとして、サービス産業の海外進出に必要な3大支援内容(1マーケティング支援 2各国での有力パートナーとのマッチング 3立地戦略のサポート)を紹介、また支援の体系やラインアップ、ホームページによる情報提供、さらには個別企業支援の状況を提示しました。
 

北川浩伸氏(日本貿易振興機構)
 
 

そして先進事例紹介として『ヤマトグループのグローバル展開』と題して、成井隆太郎・ヤマトホールディングス株式会社・経営戦略・グローバル事業戦略担当から講演がありました。アジア圏を中心に宅急便ネットワークを構築し、アジアにおける流通改革を主導して新たな市場を創出する戦略を説明いただきました。そのなかでは、グローバル事業の変遷にはじまり、世界21か国で展開している組織体制、またグローバル体制で不変なもの、適応していく姿を解説、課題と今後の展望として事業体制、人財の育成について、多岐に渡る示唆をいただきました。
 

成井隆太郎氏(ヤマトホールディングス株式会社)
 
 

その後、参加者からの質疑応答に続き、各組織が置かれている現状と課題をそれぞれ報告して、今後の課題解決に活かす方策を確認しました。