2013年度

  • 日本サービス大賞
  • 良い会社に学ぶ社員活性化の仕組みと手法セミナー
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 入会案内
  • ハイ・サービス日本300選
  •  

  • リンク
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム

     開発・運営:(株)インテージ

  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会

2013年度

21.携帯電話 (2013年度)

~顧客満足度1位の「au」、原因系3指標すべてで高評価~

業種の傾向

 顧客満足度1位は前年度に引き続き「au」となりました。顧客満足度の原因として考えられる顧客期待、知覚品質、知覚価値の3指標すべてで高い評価を受け、顧客満足度につながったものと考えられます。顧客満足度の結果系である推奨意向、ロイヤルティは「ドコモ」が1位となっています。

順位とグラフ

順位 顧客期待 知覚品質 知覚価値 顧客満足 推奨意向 ロイヤルティ
1 62.4
au
64.3
au
59.5
au
64.3
au
57.3
ドコモ
59.1
ドコモ
2
ドコモ

ドコモ

ウィルコム
60.6
ドコモ

au

au

携帯電話

指数化対象企業と回答者選抜条件

[指数化対象企業:計5企業・ブランド]
イー・モバイル、ウィルコム、au、ソフトバンク、ドコモ

[回答者選抜条件]
自身が現時点で「3か月以上」利用を継続しており、
料金を自分で支払っている、もしくは、料金を知っている


本ウェブページに記載されているデータおよび図表を、広告および販促活動に許可なく転用することを禁止します。 報道等で引用する際にはこちらのお問合せフォーム(SSL対応)からお知らせください。